HOME » 導入事例 » 歩行者・車両感知システムきたぞうくん活用事例

歩行者・車両感知システムきたぞうくん活用事例

橋梁工事現場での安全対策としてきたぞうくんを設置しました。



右折する車両ドライバー向けに橋脚で確認しにくい歩行者の存在を知らせます。



歩道に人感センサーを設置します。センサーは受信器から見通し距離で約100m離して設置できます。また50台まで設定可能です。



センサーに反応して回転灯が回ります。回転灯以外にも電光掲示板に連動させることもできます。



太陽光を採取するためちくぞうくんを橋の上に設置しました。

ページの先頭へ

蓄電システム、工事現場用バッテリーレンタルサービスに関するお問い合わせはこちら

バッテリーで社会をよりよくする
株式会社 益城電池
代表取締役 吉角 裕一朗

〒861-8045 熊本県熊本市東区小山3-1-6
フリーダイヤル:0120-987-348
TEL:096-276-7722 / FAX:096-276-9000
Email :info@masiki-denchi.co.jp
営業時間:AM9:00~19:00 ※365日休まず営業